日常風景や一人旅の様子などを綴ります。
by kazumin
カテゴリ
全体
日常
海外旅行
国内旅行
お仕事
ギリシャ&トルコひとり旅
未分類
ギョレメでの日本人女性殺人事件
今朝、昨日ギョレメで日本人の女性が散策中に殺害されたと知りました。

今朝8:00ごろのバスでギョレメを発ちましたが、その際も現地は特に普段と変わった様子もなく、いつも通り平和に見えました。

事件現場はゼミ渓谷で、宿泊していたホテルからも近い場所です。

入手出来るニュース情報が限られているのでその情報しかありませんが、
事件が発覚したのは現地時間で昨日の昼ごろとのこと。

その時間と言えば、ツアーに参加して、事件のことは何も知らず近郊を回っていました。

ギョレメはとても小さな町で、観光客向けのホテルが並ぶ、観光地です。
一人旅の女性や、女性だけの旅行者も珍しくありません。
日本人も多く訪れます。

こんなに平和な町で、そんな恐ろしい事件が起きたとは想像しづらく、とても悲しいです。

しかも自分の滞在中、本当に近くの場所で起きた事件。
事件の詳細はわかりませんが、女性二人旅の大学生だったとのこと、一般的に考えれば、かねてからの怨恨などではないでしょう。
また、ニュースによれば、夜中に歩いていた等ではなく、昼間の観光地です。しかも一人ではなく、二人。
その情報が正しければ、気をつけようがありません。

そうすると、私が被害者になっていた可能性だって十分にあるわけです。

今生きてこうやってブログを書けているのは、単に「運が良かったから」に他なりません。

もちろん同様の事件は、日本でもあります。
こういう事件があると、必ず「トルコなんて行くから、、」とか、「女性だけで旅なんてするから、、」という意見がでて来ますが、
それは短絡的過ぎます。

実際に滞在していて、私はトルコは平和な国だと思っていて、今でもそれは変わりません。
危険なのは、トルコではなくその犯人です。

もちろん、私が安全な国だと思ったところで、それは他の誰かや、明日からの私自身の安全を保証するものなどありません。

絶対的な安全など、どこにいてもありません。
それはあくまで日本ではきっと、例えば南米なんかよりは強盗殺人に遭う確率は低いし、インドなんかよりは、レイプに遭う確率は低い。
でもそれは「相対的に少ない」に過ぎず、それがイコール、あなたが日本で、強盗殺人やレイプ被害者になることはないと保証する事など、誰にもできないのと同じです。

トルコなんかに行くから、女性だけで海外に行くから、、そんな風に責められたら、亡くなられた方も、そのご遺族の方も浮かばれません。

トルコは日本と同様、比較的安全な国であり、イスタンブールなどの都市圏でのセコい詐欺(安い絨毯を高く買わせるとか、ツアーをごまかすとか)などはあるものの、殺人や強盗などの凶悪事件は少ない国です。

もう一度書きますが、私はトルコは平和な国だと思っていて、今でもそれは変わりません。
クシャダス、セルチュク、パムッカレ、アンタルヤ、アンカラ、そしてギョレメに滞在して、自分の目で見た感想です。

だからこそ誰もが被害者になった可能性はあり、その被害者の女性はあくまでも被害者です。

私も被害者になった可能性があるからこそ、思うことです。

亡くなられた女性のご冥福をお祈りするとともに、
もうお一方の怪我の回復をお祈り致します。


本日は明日サフランボルに行くため、アンカラに入りました。
博物館などに行き静かに過ごしています。
本日は写真の掲載等控えます。
[PR]
# by kazuminphoto | 2013-09-10 13:32 | ギリシャ&トルコひとり旅
カッパドキア2日目
早朝から気球ツアーへ♪
a0311001_518567.jpg


この旅、持ち物は殆ど半袖で、一応長袖のパーカーを一枚持ってきていますが、カッパドキアで初活躍。

昼間は半袖で十分ですが、朝晩は冷えます。

私の乗った気球は20人乗りで、バスケットが4分割されてます。
気球があちこちで徐々にふくらんでいく姿は圧巻です♪♪

いよいよ離陸!

私遊園地とかのイメージが強いのか、気球って離陸場所から紐でつながったまま上空にあがって、一箇所に留まってると思ってました。笑
ぐるっと周遊するんですね!!

腕の良いパイロットさんで、地上スレスレの飛行など!
a0311001_5193342.jpg


気球の影。
a0311001_5194223.jpg

a0311001_5195826.jpg



朝日。
a0311001_5201068.jpg



太陽が登ってからはあったかくて、寒さも感じません。

他にもたくさんの気球。
a0311001_5202239.jpg

a0311001_52033100.jpg

a0311001_5204469.jpg

a0311001_5205481.jpg

a0311001_521655.jpg



約1時間半の気球。
かなり高くまで飛びました。
これとこの後のツアーを合わせて
350TL。かなり値切って、相場より安いと思ってますがいかがでしょう?

こうやって着陸するんですね!
a0311001_5211528.jpg



終わったあとは、シャンパンで乾杯♪
a0311001_515309.jpg


フライト証明書が授与されました。
a0311001_5153951.jpg

a0311001_5212122.jpg



同じスペースだった方々などと。
a0311001_516361.jpg



その後一旦ホテルへ戻り、9:30からはいわゆる「グリーンツアー」へ。

そこで日本人二人と出会いました(^^)
二人とも一人旅です♪
a0311001_516853.jpg



カッパドキアは、ツアー名に色がついていて、
いわゆるレッドツアーはカッパドキア北側、ギョレメ近郊(昨日バギーで回った箇所)を巡るものを指すことが多く、
今日参加したグリーンツアーは南側のウフララ渓谷など、比較的遠方を巡るツアーです。

ウフララ渓谷。
ジブリの世界のようです。
a0311001_5162058.jpg

a0311001_5162970.jpg

a0311001_516372.jpg

a0311001_517666.jpg


昼間からビールとともに美味しい食事。たまには、ね。笑
a0311001_5171335.jpg


話に花も咲きます。

次はこちらへ。
a0311001_518116.jpg

a0311001_5182052.jpg

a0311001_5182726.jpg


たくさんの洞窟があります。
生活に使われてたようです。

次はこちら、地下都市へ。
ワクワクします。
インディージョーンズ気分。笑
a0311001_5183270.jpg

a0311001_5185078.jpg



天井の低い通路が放射状に広がっていて、気を抜いたら迷子になりそう!
もちろん観光できるところは限られてますが、全体ではどれほどの広さになるんでしょう、、。
(説明はしてくれてますが、英語のため半分以上理解出来てません。笑)

丸一日のツアーは終了。
ギョレメのオトガル近辺で久々に賑やかな夕食(^^)
ビール飲みながら、たくさんお話しました♪
ひとりの時間も楽しいですが、こうやって人の輪が広がるのもまた、ひとり旅の醍醐味!
日本に帰ってからもまた会えたら良いなぁ。

盛りだくさんな一日でした\(^o^)/
たまには、ツアーも良いね。

明日は、サフランボルへの乗り継ぎのため、アンカラに移動して一泊。
大人しくしてる予定です。

*今日の費用*
・気球ツアー&グリーンツアー 350TL
・ホテル 27ユーロ
・水 1TL
・ランチ時のビール 8TL
・夕食24TL
[PR]
# by kazuminphoto | 2013-09-09 15:31
カッパドキア1日目
夜行バスでカッパドキアへ。
a0311001_392893.jpg


私のホテルは、メインの観光地、ギョレメにあります。

夜行バス寝れるか不安だったのに、爆睡してほとんど記憶がない。
しかもふと起きたらギョレメだったという奇跡。笑
でも急いで飛び下りたので、マイ枕忘れた(ー ー;)

朝の風景。
a0311001_39305.jpg

a0311001_39303.jpg


明日は私もバルーンに乗りますよ!

ホテルに到着。
バス停から徒歩5分ほど。
ROYAL STONE HOUSES。

よくある洞窟ホテルではないけど、めちゃくちゃキレイで親切!
朝の6:00に着いて、当然チェックインはまだまだ先なので、
荷物だけ置かせてもらおうと思ってたのに、もう部屋使って良いよ、とのこと!
しかも、良かったら朝食ビュッフェもどうぞ、と!!無料で!!

ありがたく、早速部屋でシャワーを浴びて朝食を頂きました(^^)
朝食も美味しい〜!

明日は遠出のツアーもあるので、今日は近場を散策しようかと思ってましたが、思いのほかバスで寝れたのと、まさかのホテルの優しい対応で元気が有り余ってしまったので、

AVTをレンタル。
a0311001_393389.jpg


サントリーニで丸三日間行動を共にしたので、操作は慣れたもの(^^)
でも、高かった、、。
でも借りました。かなり値切りましたけど。
朝9時から夜7時までで、最初170TLとか言われて、黙ってたら勝手に値段を下げてきて、
130辺りで限界っぽくなって来たので、最終的に125で手を打ちました(^^)

交通手段としては高いけど、私にとっては「世界遺産、カッパドキアをバギーで滑走してやったゼ!!」と言う経験を買っています♪♪

やっぱり最高!!
普通の整備された道路はもちろんありますが、バギーやバイクしか入れないような土の道が各所にあって、
そういう道無き道を走り回ってきました!
ただし、保証された道じゃないので、途中で行き止まりになったり、私の技術じゃこれは無理だ!!というレベルの傾斜にぶち当たったりして、後退を余儀無くされることもありますのでご注意を。笑

でも、そんな道の先で出会いました。
a0311001_393499.jpg

a0311001_393660.jpg


ここで農園の経営と、その採れた野菜や果物をアップルティーなどにして販売しているおじいさん。
英語は話せます。

私は完全に迷って辿り着いたんですが、
農園を見学させてくれて、採れたてのぶどうやリンゴ、ナッツなどを、
アップルティーとともに頂きました。

本当に優しい感じの漂う農園で、おじいさんもあったかい方で、
またまた心があったまりました!

もし次に、旦那さんと来るときがあれば、うちの庭でキャンプをしたら良い、とまで言ってくれて、、。
因みに、ギョレメ国立公園内にある、眺めも最高の場所です。

そこから秘密の裏道?を登って徒歩1分の景色を見ておいで、とのことで行ったら、、
a0311001_393740.jpg

a0311001_393951.jpg


おぉ!
ここはなんと、パシャバーじゃないですか!
(ガイドブックにはほぼ載っている、絶景ポイント。ツアーバスも寄る。)

しかもこれを裏から、簡単に登ってきたなんて、、。
我ながら、めちゃくちゃ良い場所に迷い込んだのね。笑
(実は途中で引き返そうと思ったけど、Uターン地点がなく、恐々進むしかなかった、、)

バギーならではのひと時でした(^^)

その後おじいさんと別れてドライブ。
ラクダの岩など。
a0311001_310292.jpg

a0311001_310579.jpg

a0311001_310741.jpg



途中でユルギュップにもより、
ギョレメの屋外博物館にもいきました。写真禁止のところが多いので、一部のみ。
a0311001_394031.jpg

a0311001_394218.jpg

a0311001_394394.jpg


写真禁止のところは、だいたい鮮やかやな色でキリストの絵などが描かれています。
気になるかたは、ググってみて下さい。
洞窟の入れるところには全部はいって、一通り見て回りました♪

その中の一部が売店かつ喫茶スペースになってます。
ちょうど水が欲しかったので立ち寄ると、、
a0311001_394430.jpg


1.5TLの水で、何か贅沢!!
洞窟カフェ。

ドライブは続きます。
Avanosへ。
(因みに、私はドライブ自体が目的なのでら回り方はかなり遠回りで非効率です。真似しないほうが良いです。笑)

Avanmsは陶器が有名で、ツアーのかたは陶芸体験とかもやるみたいです。
ほのぼの平和な町。
a0311001_394640.jpg

a0311001_39481.jpg



普通に歩いてたら、川沿いでピクニック中の女性がたから、「ちょっと、座って座って!」「まぁまぁ、お茶でも飲んで。お菓子も食べて!」的な感じに。
a0311001_394740.jpg


別に観光業でもなんでもない、一般の方です。笑
30分ほど、お菓子やらチャイやらを頂きつつ世間話(^^)
素敵な町でした。

女性がたに別れを告げ、ローズバレーへ。夕暮れに映えます。
a0311001_395267.jpg

a0311001_395434.jpg

a0311001_395617.jpg


ここでバギーともお別れ。
a0311001_395765.jpg

a0311001_39594.jpg


夕食は、ホテル近くのお店で。
お肉に飽きたので、パスタ。
a0311001_310034.jpg



明日は終日、この旅唯一のツアーです♪

*今日の費用*
・バギーレンタル 125TL
・ギョレメ野外博物館入場 15TL
・ランチ 10TL
・夕食 11TL
・ホテル 26ユーロ
・水 0.5ℓ 0.75TL-1.5TL
・ローズバレー通行 2TL
[PR]
# by kazuminphoto | 2013-09-09 00:58 | ギリシャ&トルコひとり旅
アンタルヤ3日目
アンタルヤ最終日。
今日は夜行バスでカッパドキア方面に向かいますが、ホテルのチェックアウトが12:00のため、朝からホテル近くのビーチへ。
a0311001_2135874.jpg

a0311001_214088.jpg


チェアをレンタルして短い時間ですがのんびりしました。
ギリシャのビーチは12:00近くならないと人もまばらで、チェアの料金を徴収する人も来ませんが、トルコでは朝8:00にすでに人が集まりはじめ、10:00ごろには混んでました!
8:00に既にチェアの係員もいました。
隣の国なのに、こんなに違うんですね。笑

海はめちゃくちゃ澄んでて、浮かんでるだけでも気持ちいー。
日本に帰ったらマイチェアとパラソルを買って、適当に海に昼寝しに行こう!

10:30ごろまでゆっくりし、ホテルに戻ってシャワーやら荷造りやら。
チェックアウトに合わせて部屋をでて、荷物をフロントに預けてカレイチに♪
このホテルもとても親切で、良いホテルでした(^^)

カレイチ周囲では、特に何をするでもなくふらふら。
食事と散歩です。

今日は土曜日なのでお休みの人が多いのか、たくさん人がいます!
みんなショッピングしたりカフェでお喋りしたり、、という感じ。

改めて、トルコって国は平和な国だと思いました。
道端に自販機みたいにATMがあるし、ペット売り場もカレイチ周囲には何件か。
大きなビルも多く、道もキレイで、少なくともクシャダスやアンタルヤでは女性も遅くまで一人で歩いてます。

アンタルヤは、ギリシャのアテネよりもなんとなく、都会に感じます。
次に行くカッパドキアは観光地なので、また違った感じなんでしょうけどね。

お昼は、ケバブに飽きたので煮込み料理。
a0311001_214258.jpg


これ、めちゃくちゃ美味しい!
トマトソースで鶏肉とトマトを柔らかく煮込んで、チーズをかけてあります♪

食事後はまた散策。
カレイチ周辺のお店で日本人だと言ったらとても歓迎されました。
チャイをご馳走になり、
そこのお店の方と12歳の男の子と一緒にしばらくお店で雑談をしました(^^)

トルコでは子どもの夏休みが3ヶ月あるとか(; ̄O ̄)!今夏休みの真っ最中で、あと10日ほどで学校が始まるのだそう。どうりで、どこ行っても子どもがいるのね、、。

しばらく他愛ない会話をしてから、ホテルへ戻り、荷物をピックアップしてからバスに乗ってオトガルへ。

夜行バスで次の地、カッパドキアへ♪


*今日の費用*
・夜行バス 50TL
・ランチ 15TL
・夕食 7TL
・ビーチのチェアレンタル10TL
[PR]
# by kazuminphoto | 2013-09-07 20:05 | ギリシャ&トルコひとり旅
アンタルヤ2日目
Duden Selalesiにいって来ました(^^)
デュデュンは地名、セラリは滝です。
「セラ↑リ」と発音すれば通じます。

やっぱりバスで苦労しました(>_<)
ホテルの人に教えてもらった通り行きましたが、乗り換えで手間取ったり、なぜか随分手前で降ろされたり(多分、そのバスは手前までしか行かないから乗り換えて、と言ってた。)。

地元人っぽい人も、毎日乗ってる風の人以外は運転手さんに確認しながら乗ってるし、アンタルヤのバスを乗りこなすのは難しいです、、。

今日はスタートもゆっくりだったのと色々手間取ったのでお昼ごろに到着。
たくさんの滝のある広い公園です。
中に飲食店もあり、観光客のほか、地元の家族連れも多くいます。

色んな滝。
a0311001_3594089.jpg

a0311001_3594694.jpg

a0311001_3595376.jpg


ホテルの方の話では、この滝の水がララビーチに流れてるそう。

水がめちゃくちゃ澄んでます。
a0311001_40196.jpg

a0311001_40698.jpg


滝の裏も歩けます。
a0311001_401144.jpg


空ではなく、滝壺。
a0311001_401813.jpg


虹!!
a0311001_402494.jpg


公園全体が涼しくて、心地良い(^^)
散歩するだけで楽しめます♪


のんびりマイナスイオンを浴びたあとは、思いつきでpergeへ。
またまたバスを乗り継いだのですが、、またもやちっとも来ず。結局かなり待っても来なかったので違うバスを停めて事情を説明したところ、とりあえず乗せてくれ、しかもそのバスの途中でその行き先のバスが通ったのをクラクションで停めてくれて、
乗せ変えてくれました(>_<)

ほかにも聞く人聞く人が丁寧に教えてくれて、トルコ語しか話せないひともなんとか身振り手振りで伝えようとしてくれたり、
歩いてたら、車の人にそっちに行くならついでだし乗ってく?と言ってもらったり(一応、トルコではタクシー等以外の男性のみの車には乗らないことにしてるのでお断りしましたが、別にしつこくもなかったので本当に善意だった可能性が高そうです。)。
とにかくアンタルヤの方々本当に優しいです(>_<)

そして無事にPerigeに到着。
ガイドブックには18:00までとありますが、19:00まででした。
夏場だけなのかどうかは存じません。遅い時間に行かれる方は、予め確認した方が良いかも。

アンタルヤ近辺は遺跡同士が離れてるので、ツアーで回る方が多いです。
私はツアーが苦手なので(人ごみ嫌いなのに必然的に人ごみになるのと、自由に動けないため)、
よっぽど自分で行けない場合以外はツアーは使いませんが。

なので多分、ツアーの時間を避ければすいてます。
私は17:30ごろに行ったら、誰もいませんでした。貸し切りです。笑

遺跡の中。
a0311001_402730.jpg

a0311001_403076.jpg

a0311001_403423.jpg

a0311001_404026.jpg

a0311001_404315.jpg



多分ここは真っ昼間にいったら、かなり暑いです。
夕方だったので、のんびり楽しめました(^^)

明日も一日アンタルヤですが、夜行バスでカッパドキアに移動します♪

*今日の費用*
・市バス2TLを7回←間違えたりしたので、、。
・ランチ 15TL
・夕食15TL
・デュデュンの滝公園入園料 2.5TL
・Perge入場料15TL
・ホテル24ユーロ
[PR]
# by kazuminphoto | 2013-09-06 19:39 | ギリシャ&トルコひとり旅