日常風景や一人旅の様子などを綴ります。
by kazumin
カテゴリ
全体
日常
海外旅行
国内旅行
お仕事
ギリシャ&トルコひとり旅
未分類
イスタンブール3日目
イスタンブール三日目は、イスタンブールからオトバスで片道2.5時間のエディルネへ。
往復で50TL(METRO社)。

エディルネはその中心となるセミリエジャーミーとその関連施設が世界遺産に登録されています。
この旅6つめの世界遺産です。

広場から見たセミリエジャーミー。
a0311001_510969.jpg

a0311001_5102895.jpg

内部。
a0311001_5104036.jpg

a0311001_5105523.jpg


セミリエジャーミーは柱に逆さチューリップが彫られていることでも有名です。
逆さチューリップ。
a0311001_511767.jpg

みんなが触って磨り減るからか、透明な板で保護されていました(^^)

セミリエジャーミーの近くのスーパーの二階のフードコート。
a0311001_5112336.jpg


手頃な値段で食べれて、トイレも無料です。

エディルネは、イスタンブールの喧騒が嘘のように静かです。
平日だからかもしれませんが。

ユチュ・シェレファリジャーミー。
a0311001_512714.jpg

a0311001_5122114.jpg

a0311001_5123149.jpg

あまりにも静かなので、思わず考えごとが進みます。

近くのバザール。
a0311001_5124675.jpg


謎のモニュメント。
a0311001_5125789.jpg


魚が口から水吹いてる。笑
近くには魚屋さんが並んでました。

バザールと並行してる通り。
a0311001_513326.jpg

a0311001_513856.jpg



カフェや銀行、郵便局(PTT)や洋服屋などが並び、地元の人の憩いの場になっているようです。

それにしても、、
私は宗教のことは良くわかりませんが、イスラム教にはきっと、他人に迷惑をかけてはいけない、という教えはないんじゃないだろうか。

公共交通機関(夜行バスの深夜含む)での大声での通話やヘッドフォンの音漏れは当たり前、子どもは大騒ぎ、運転手は好きな曲を流し、乗降時も我先にと割り込む。
運転も割り込みと割り込ませまいとする冷戦は当たり前、人が横断歩道を渡っていても発車するバス。おかげで道路の渡り方がうまくなったよ。
タバコの煙をかけられるのは日常茶飯事。煙だけならマシで、灰もかけられる。そして街中に異常なほどゴミ箱も吸殻入れもあるのに徒歩5秒のゴミ箱に捨てず道に捨てる。
そして席を譲られてもお礼さえない女性たちと子どもたち。寧ろ譲られなければ怒っている。
(男性が席を譲られてるのは見たことない。)
お金をもらってもお礼を言わない物乞い。

異常だ。異常過ぎる。

でもそれは、「日本人である私の常識に照らした場合」に過ぎない。

多分彼等が日本にきたら、バスや電車の静けさに驚くだろう。家族や友達がいないのか?と思うかもしれない。
ゴミ箱が道にないのにゴミがないのは何故なのか不思議かもしれない。
優先席に若者が座ってるのに親子連れは何故自分の権利を主張しないのか。
道を聞いても無視するのはなぜ。
バスの通り道なのに、バス停でなければとまってくれないなんて不便ではないか。などなど。

イスラム教には、他人に迷惑をかけてはいけないという教えはないかもしれない。でも、もしかしたら、困っている人を助けるのは当然だ、という教えや、家族や仲間を大切にしなさい、という教えはあるのかもしれない。
或いはイスラム教ではなく、トルコ人の考え方なのかもしれない。

日本にいて、更には同じ会社の人、同じ職業の人、価値観が同じ人、同じ年代の人、同じ地域の人などとばかり見ていると、
「常識」が偏ってしまう。なぜなら常識なんてものは世界のどこにも存在しなくて、あるのはそこに集まった個々の考えの多数決に過ぎないから。
正しさだって同じだ。
絶対的な正しさなんて存在しない。
あるのは同じく個々の考え方の多数決と、その多数決に基づく法律だ。

まとまりがないが、とにかく自分の腹の立つ出来事があったとする。
そういう時、単純にどちらかが正しくてどちらかが間違ってるなんていうことは出来ない。
そこにあるのは「どちらが悪いか」ではない。単純に「相手の行為で私は腹が立った」という事実に過ぎない。つまり私が腹が立ったからといって、イコール相手が「悪い」わけではないってこと。因みに、「好き、嫌い」と「良い、悪い」は、全くの別問題。
好き、嫌いの問題に、良い悪い、正しい正しくないを持ち出すのは、非常にズルいというか、無意味な論点のすり替えだと思うのです。そもそも好き、嫌いは個人の感情なので、議論できる対象のことでもないのですから、、。

例えば私がトルコ人にタバコの煙をかけられて腹が立ったとする。その人を嫌いだと思うかもしれない。
でも、その人が間違っているかとか悪いかと言えば、そうとも限らない、、。

難しいな。うまく文章にできてるかわからないけど。
静かなジャーミーで目を閉じながら、そんなことを考えました。

普段から変なことをよく考える癖はありますが、私の場合旅をするとそれが進行するようです。笑

夜は20:30ごろイスタンブールに戻り、そこからトラムでホテルへ。
イスタンブールにきてから22時に出歩いたのは初めてだったので、ちょっとビビりました。
夜になると女性が減ります。かなり。
他の街よりその減り方は圧倒的です。

声をかけられることも危険な思いをすることもなく無事にホテルに帰りましたが、気をつけます(>_<)

*今日の費用*
・ホテル 40ユーロ
・イスタンブール、エディルネ往復バス 50TL
・ランチ 8.5TL
・夕食とスイカ 3TL
・トラム乗車1.95TL(行きはバスを使いましたが、なぜか乗客全員支払いを免除されてました、、。セルヴィスじゃなく、普通のオトバスですよ。)
[PR]
by kazuminphoto | 2013-09-16 19:06 | ギリシャ&トルコひとり旅
<< イスタンブール4日目 イスタンブール二日目 >>