日常風景や一人旅の様子などを綴ります。
by kazumin
カテゴリ
全体
日常
海外旅行
国内旅行
お仕事
ギリシャ&トルコひとり旅
未分類
イスタンブール1日目
夜行バスでイスタンブールへ到着。
a0311001_615350.jpg


ホテルに荷物を下ろし、市内散策へ。
ホテルはKarslioglu hotel。
スィルケジにあります。

今日の昼がチェックイン時間にも関わらず朝食をくれ、
しかも宿泊客はペットボトルの水をフロントの冷蔵庫から無料で取り放題!どうやらイスタンブール滞在中、水は買わなくて良さそうです。

ホテルの方はほとんど英語が話せません。でも私同じくほとんど話せないので(笑)、何となくコミュニケーションが取れてます。ブッキングコムでのマイナス評価は、だいたいその英語が通じない事みたいですね、、。

さて、市内はまず、地下宮殿へ。
a0311001_6144688.jpg

a0311001_6144866.jpg

a0311001_614497.jpg


入った瞬間、本当にこんな世界があるのかとびっくりしました。
写真より百倍きれいで幻想的です。
宮殿全体に薄く水が張ってあり、でかい鯉が何匹も泳いでます。

そして奥には、、
a0311001_6145492.jpg

a0311001_6145785.jpg

なぜか柱の根元に、横向きと逆さまのメデューサ。
最初に見つけた方はさぞびっくりしたでしょう、、。

次は、イスタンブールと言えば!の、ブルーモスクへ。
a0311001_615654.jpg

a0311001_615830.jpg

a0311001_61510100.jpg


女性はモスク内では髪を隠さなければなりませんが、入口でスカーフを貸していました。
私は、パーカーのフードを被りましたがそれでも問題ないよう。

モスク内部。
a0311001_6151253.jpg

a0311001_6151539.jpg

a0311001_6151714.jpg


幻想的な空間です。
美しい。
並んででも、入る価値あります。

イスラム教徒でなくとも、厳格で神聖な気分になりますね。

次はアヤソフィアに行こうかと思いきや、物凄い行列だったため平日に再訪することとし、
国立考古学ミュージアムへ。
a0311001_6151958.jpg

a0311001_6152378.jpg

a0311001_615268.jpg


ここ、広いです。かなり見応えあります。

そうそう、ブルーモスクとアヤソフィアの間の広場には、かなりの数の客引きがいます。
日本語で話し掛けて来て、無視したら「おばさん」などと日本語で微妙な悪口?を言って反応を見る人や、
ガイドブックなどにもあるとおり「何か落ちましたよ」と話し掛けてくる人、
「わたしは日本語を勉強しています。」から入ってくる人など、
各自考えた作戦?で狙ってます。笑

詳しく聞いてないからわかりませんが、多分旅行会社絡みが多そう。
でも残念ながら、私もう一番売りたいであろうカッパドキアは回った後でなのよねー。笑

明らかに怪しいのと、無理矢理引っ張っていくわけではないので、
まぁ適当に交わしてれば問題ないかと。


それにしても、イスタンブール、人いすぎ!
a0311001_615282.jpg

ガラタ橋周辺。
海を眺めてのんびりできる空気じゃありません。

でも、イスタンブールとアンカラとアンタルヤで、私にはアンタルヤが一番都会に見えました。
きれいで洗練されてて。

イスタンブールは、今まで行った中で一番雑多で道が汚い!
どうやらどの町でも、トルコ人は道端に平気でゴミを捨てるんですが、
(結構な頻度で道がにゴミ箱があるにも関わらず)、
どの町にも掃除のおじちゃんがたくさんいて、すぐに片づけていました。だから、道端は綺麗です。
でも多分イスタンブールでは、その掃除が追い付いてないんじゃないかと。

しかも、夜にいきなり45分ほど一部の区画で停電しました( ゚д゚)
ロカンタでご飯食べてたらいきなり暗闇に。同じ区画内のホテルに戻っても停電中。
どうやら停電も多いらしく、この辺りの人は停電にも慣れている様子でした。

約一週間のイスタンブール滞在。
あまり詰め込まず、この旅最後の地を堪能したいと思います(^^)


*今日の費用*
・ホテル 40ユーロ
・地下宮殿入場 10TL
・国立考古学ミュージアム入場 10TL
・ランチ ドネルケバブ屋台 2TL
・夕食 ロカンタでムサカ 7TL
*ホテル近くに安い飲食店が多い!
[PR]
by kazuminphoto | 2013-09-15 02:40
<< イスタンブール二日目 サフランボル3日目 >>